肌の手入れ、どうしてる?

肌の手入れ、どうしてる?
肌の手入れ、どうしてる? > ポイント > お化粧水のつけ方にもコツが。お肌にとっても大切な水分補給のお手入れ

お化粧水のつけ方にもコツが。お肌にとっても大切な水分補給のお手入れ


a5161f1b3e7199585e8c6ca4bf0f6fca_s

洗顔後の大切なお手入れである、お肌への水分補給。お化粧水、どのようにしてつけていますか?コットンを使ってますか?手のひらで直接つけているでしょうか?

また、パッティングはしていますか?お化粧水を染み込ませるような気がして、パッティングをするとなんとなくお肌が潤ったような感じがするので、ついつい力が入ったり、乾燥しやすい同じところを何度もたたいてしまうもの。

けれど、お手入れ方法には気を付けないと、パッティングの方法一つでも、お肌への刺激になってしまうんですよ。パッティングをした後、お肌の色はどうなっていますか?

スポンサーリンク


もしコットンを使っている場合、そのコットンはけば立っていませんか?もしもコットンを使ってパッティングしているようであれば、パッティングのあとそのコットンが毛羽だっているようなら、お手入れでは力の入れ過ぎです。

やさしく水分補給。時にはオイルも使ってお手入れして

手のひらでお化粧水を付けるのであれば、両手のひらになじませてからお肌に押し込むように、手を顔に当てて押し付けてお手入れしていきます。力を入れ過ぎず軽く押しあててあげましょう。

コットンを使うのであれば、人差し指ではなく中指で軽くたたくように。この時も、たたくというよりも押しあてるようなイメージでコットンを当ててお手入れしていきます。

また、お肌の部分で脂っぽいというところは、実は乾燥しやすい部分だったりします。そんなところには、オイルを活用してお手入れしてあげて。美容液オイルを1滴使用すると、妙な脂っぽさを抑えることができます。

お化粧水の後は乳液で蓋をしてあげるお手入れを。つけ方はお化粧水同様。お肌に練りこむようにつけてあげましょう。